散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

旧朝倉家住宅(4)

再び、屋外に出て庭を見学させてもらう

庭の様子
復原された庭門をくぐる
復原された庭門をくぐる_1
復原された庭門をくぐる_2
復原された庭門をくぐる_3
復原された庭門をくぐる_4
復原された庭門をくぐる_5
復原された庭門をくぐる_6
道伝いに庭を歩く
道伝いに庭を歩く_1
道伝いに庭を歩く_2
道伝いに庭を歩く_3
道伝いに庭を歩く_4
道伝いに庭を歩く_5
道伝いに庭を歩く_6
いよいよ崖線伝いに下りてみる
いよいよ崖線伝いに下りてみる_1
いよいよ崖線伝いに下りてみる_2
いよいよ崖線伝いに下りてみる_3
いよいよ崖線伝いに下りてみる_4
いよいよ崖線伝いに下りてみる_5
あれは何に使ったのだろうか
あれは何に使ったのだろうか
今度は崖線伝いに上がってみる
今度は崖線伝いに上がってみる_1
今度は崖線伝いに上がってみる_2
今度は崖線伝いに上がってみる_3
土蔵が見えてきた
土蔵が見えてきた
『杉の間(表)』も見えた
『杉の間(表)』も見えた
再び土蔵が見えた
ツブと折釘とがあるんだ。さすが国指定重要文化財だけある。さらに、観音開き明かり窓にも庇などが取り付けられていて、贅沢な造りだと思った。
再び土蔵が見えた_1
再び土蔵が見えた_2
再び土蔵が見えた_3
再び土蔵が見えた_4

蔵造りの建物の壁面には漆喰を半球形に盛り上げた部分に、鉤形に折れた太い釘が突き出たものを見ることができます。この太い釘が折釘で、漆喰の盛り上がりがツブです。ツブを伴う折釘は補修作業の際のハシゴの固定など、縄をかけるために使われます。これは折釘に荷重をかけた際に、壁とは別にツブをつけておくことでツブの損傷だけで本体の壁土に亀裂が入るのを防ぐようになっています。また、折釘は鉄製なので、錆びると湿気を呼び込むため、釘が露出する部分を減らし、錆による湿気を壁土内に入れないようになっています。ツブの伴わない折釘は庇や霧除、下見板など、建物本体に後からつけた付属設備を取り付けるためのもので、いずれも蔵造り建物の壁面は釘などが打てないため、あらかじめ壁の芯に折釘を打ち付けてから壁を仕上げます。

以上で『旧朝倉家住宅』シリーズはおしまいです。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

旧朝倉家住宅(3)

家屋内部を見る(3)
杉の間
奥と表と角の3室がある。ここが、この旧朝倉家住宅の肝となる部屋であろう。
メインは『杉の間(表)』
メインは『杉の間(表)』
軒裏というのかな。此処も杉を薄く削ったもので編んであった。
軒裏というのかな_1
軒裏というのかな_2
庭の眺めも最高。庭は崖線に従って、下った感じになっている。
庭の眺めも最高
サブというか次の間のような『杉の間(奥)』
『奥』から『表』方向を見るとこんなふう。欄間が見事。
『奥』から『表』方向を見るとこんなふう
廊下側には、こんな障子窓もあった。私には障子戸の直ぐ側にこれを配した意図が理解できなかった。
廊下側には、こんな障子窓もあった
『角の杉の間』
さっと通りすぎてしまいもったいない事をした
『杉の間(表)』の外壁。これが杉の間の由来だろうか。
『杉の間(表)』の外壁_1
『杉の間(表)』の外壁_2
ここから見る庭も風情あり
ここから見る庭も風情あり_1
ここから見る庭も風情あり_2
障子の上の飾り板。『板欄間』というようだ。
板欄間
引き戸にもきれいな絵が
引き戸にもきれいな絵が
開けてはいけないのだろうが、この先は『杉の間(表)』のようだ。
この先は『杉の間(表)』のようだ
杉の間の廊下に接した上り口
中庭へのアクセス用だったのだろう
杉の間の廊下に接した上り口_1
杉の間の廊下に接した上り口_2
中庭
中庭
突き当りは茶室など
立入禁止で細部までは確認できなかった。残念。
突き当りは茶室など_1
これは間違いなく茶室だろう
突き当りは茶室など_2
更に奥には丸窓の部屋と土蔵の扉とが見えた
更に奥には丸窓の部屋と土蔵の扉とが見えた

 

旧朝倉家住宅(2)

家屋内部を見る(2)
二階の様子
二階に上がってみる。順路を逆にたどった形になってしまったようだ。下りるべき階段を上って行った。
階段を上がったところにあった板戸に描かれた絵
2階は虎治郎氏が公職にあった際、会合などに使用されていたという広間があるのですが、この部屋の襖や廊下の板戸は日本画家によるものです。絵を描いたのは小猿雪堂という狩野派の流れをくむ日本画家だそう…
0階段を上がったところにあった板戸に描かれた絵_1
この絵以外は和風の絵柄
階段を上がったところにあった板戸に描かれた絵_2
階段を上がったところにあった板戸に描かれた絵_3
中庭側の階段と2階廊下
意外にしっかりとした階段だった。今どき重要文化財の階段を上らせてくれる建物は珍しいと思い、変なところで感激してしまった。
手摺の飾りはなかなかコジャレたものだ
中庭側の階段と2階廊下
2階和室前廊下
ガラス戸の下部の辺りに注目されたい。富士山の形のデザインになっているのがお分かりいただけるだろうか。
2階和室前廊下_1
2階和室前廊下_2
庭から見るとこんなふうだ
庭から見るとこんなふう
2階廊下から見た庭の様子
その昔は木々の向こうに富士山が望めたようだ
その昔は木々の向こうに富士山が望めたようだ
2階広間
2階広間_1
2階広間_2
2階広間_3
2階広間_4
2階広間_5
2階広間_6
広間裏の通路から見えた板戸の絵
広間裏の通路から見えた板戸の絵
2階廊下から見た『杉の間』の上部の破風の様子
下から3列目の瓦は何をするものなのだろうか。見たことがないものだった。
2階廊下から見た『杉の間』の上部の破風の様子

一階のいくつかの部屋の様子
記事作成の都合上、先に一階のいくつかの部屋の様子を取り上げる
事務室
事務室は洋間ではなかった。それでも、大金庫があるところが如何にも事務室らしい。
事務室
洋間
財閥でも華族でもないので、洋式の家屋は不要としながらも、玄関脇に一間だけ洋室を作っていた。その部屋は、折上格天井、開き窓など、贅を凝らしたものだった。
洋間_1
洋間_2
洋間_3
内玄関
こんなものもあった。勝手口ではなく、家族用の出入口ではなかったかと思う。
内玄関

 

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR