散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜市中区のレトロな建物(7)

最後に馬車道地区まで歩き、横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)などを見て回った。
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)
パリの街角に立ったかのような感じ。見事な建物だ。
建物は、歴史主義建築に属する明治30年代における代表的な洋風建築である。
横浜正金銀行本店として1900年(明治33年)に着工し、1904年(明治37年)に完成した。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災の火災により建物のドームが焼失する。1947年(昭和22年)には、横浜正金銀行を引き継いだ東京銀行が発足し、東京銀行横浜支店として使用された。1964年(昭和39年)に神奈川県が建物を買い取り、建物の増築・改修工事を行い、関東大震災で焼失したドーム屋根の復元を行う。1967年(昭和42年)3月20日に神奈川県立博物館として開館する。
1969年(昭和44年)、建物が「旧横浜正金銀行本店本館」として国の重要文化財に指定され、1995年(平成7年)には敷地が「旧横浜正金銀行本店」として国の史跡に指定されている。外観のよく保存された、すぐれた意匠をもつ洋風建築であり、明治以降の建築物をともなう遺跡で国より史跡の指定をうけたのはこれが最初である。
竣工 - 1904年(明治37年)
構造・規模 - 石・煉瓦造、地上3階、地下1階、正面中央八角塔屋付、ドライエリヤ石塀附属
建築面積 - 1,998.3平方メートル

旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_1
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_2
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_3
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_4
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_5
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_6
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_7
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_8
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_9
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_10
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_11
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_12
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_13
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_14
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_15
ドーム部分のクローズアップ
ドーム部分のクローズアップ_1
ドーム部分のクローズアップ_2
ドーム部分のクローズアップ_3
ドーム部分のクローズアップ_4
1階部分は立ち入り自由
1階部分は立ち入り自由_1
これもステンドグラスだ。普通は垂直に設置されるだろうが、此処のものは水平方向に設置されている。珍しいものだと思った。
1階部分は立ち入り自由_2
1階部分は立ち入り自由_3
神奈川県立歴史博物館の正面入り口はこちら側
神奈川県立歴史博物館の正面入り口
テラスから見たMM21
テラスから見たMM21_1
テラスから見たMM21_2
テラスから見たMM21_3
テラスから見たMM21_4

旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)
うーーん、ファザード建築の典型だけど、もう少し、元の建物を活かして欲しかった気がする。
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_1
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_2
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_3
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_4
関内地区(弁天通)。この建物は八大財閥の一つ川崎財閥の中核銀行であった川崎銀行の横浜支店として矢部又吉の設計により大正11年に建てられた。
当初の建物は、ネオルネッサンス形式の3階建の石造建築である。各階の窓には異なったデザインを配し、3階部分には三角破風をのせている。石の積み上げ方にも変化をもたせ、凝った装飾はなくシンプルにまとめられている。同じ石造り建築ながら明治時代建設の隣接する神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行)に比べ、大正時代建設のこの建物には何か柔らかな風合いを感じさせるものがある。
設計者の矢部又吉は横浜生まれでドイツに学んだ建築家で隣接する旧横浜正金銀行の設計者妻木頼黄の弟子筋にあたる。師の作品に歩調をあわせつつも、個性をだした建築になっている。
建物はその後日本火災横浜ビルとなり、昭和61年には取り壊される運命にあったが、多くの人々の努力と施主の英断により歴史的建築物の保存・再生の先駆けとして平成元年外壁を保存した姿に生まれ変わった。現在は川崎財閥の流れを汲む日本興亜損害保険のビルとなっている。横浜市の歴史的建造物認定の第1号である。


以上で、『横浜市中区のレトロな建物』シリーズは終了です。最後までご覧頂き有難う御座いました。

 

横浜市中区のレトロな建物(6)

横浜市開港記念会館(ジャックの塔)(その2)
ステンドグラス(2)
2階広間のステンドグラス
今回修復を終えたステンドグラスですが、渡し船に乗る人々を描いた「呉越同舟」(左)「鳳凰」(中央)「箱根越え」(右)の三点です。
約80年前に制作された物ですが、たわみや汚れが発生し、ガラス自体の耐震性も低下していたことから、横浜開港150周年記念事業の一環として修復が行われました。

「呉越同舟」
猿回しをも含めたいろいろな階層の人が同じ船に乗りあわせているから「呉越同舟」と付けられたのだろうか。今ひとつ由来がわからない。
「呉越同舟」
「鳳凰」
「鳳凰」と横浜市のマーク「ハマ菱」。ハマ菱と日本最大の広域暴力団の代紋とを混同しないように。
「鳳凰」
「箱根越え」
西洋人が籠に乗って箱根越えをしているシーン。当時箱根は外国人保養地であり、外国人が多く訪れたと言う事情があったようだが、そうした様を再現したものだろうか。昔の日本人にも籠は窮屈な乗り物だっただろうに、手足の長い外国人が随分我慢して乗ったものだ。
「箱根越え」
館内の様子(2)
貴賓室
ドームの真下に貴賓室がある。以前は、天井に美しい模様があったそうだ。
貴賓室_1
貴賓室_2
錠聯鉄構法(ていれんてつこうほう)
バリアフリー化の一環として、エレベータを設置した。そのため、壁の一部を削ったので、端無くも壁の高度な耐震構造である錠聯鉄構法(ていれんてつこうほう)を断面で実際に観ることができるようになった。
錠聯鉄構法(ていれんてつこうほう)_1
錠聯鉄構法(ていれんてつこうほう)_2
タイリ張りの床
タイルパネルではなく、細かい小さなカットを1枚1枚埋め込んだもの
タイリ張りの床_1
当時流行った模様らしく、ここにも県庁にも同じような模様があるそうだ
タイリ張りの床_2

 

横浜市中区のレトロな建物(5)

横浜市開港記念会館(ジャックの塔)(その1)
外観
改めて説明するには及ばない優美な外観だ。前回取り上げた時に説明したように、岡倉天心生誕の地でもある。
横浜市開港記念会館外観_1
横浜市開港記念会館外観_2
横浜市開港記念会館外観_3
横浜市開港記念会館外観_4
館内の様子(1)
階段
階段_1
階段_2
小粋な照明
小粋な照明_1
小粋な照明_2
このボランティア説明員の説明を受けた。随分勉強していたようで、こちらを飽きさせないものがあった。
小粋な照明_3
時計塔への階段
時計塔への階段
ステンドグラス(1)
2階のホールと中央階段の壁面の2カ所にあります。構図は、ステンドグラスの特質をよく活かし、鉛線を自由かつ精巧につくり、各色のガラスには型板ガラスや腐蝕のものをまじえ、乳白・朱赤・金茶・茶褐・黒褐・緑・青・紫の各色を用い、墨色や灰色の加筆は最小限におさえて、明快な色ガラスの構成としています。
製作は、宇野沢組ステンドグラス製作所作です。大正12(1923)年、関東大震災により焼失しましたが、昭和2年、当初のものを尊重して復旧いたしました。これらの作品は、我が国のステンドグラスの歴史上、非常に価値の高い作品として貴重なものです。

ペリー提督ゆかりの黒船ポーハタン号などを写し取った見事なステンドグラス
戦争当時、交戦国である米国国旗が掲げられている黒船の絵であるから、これを隠して守るのに必死だったとか。具体的には灯火管制中だということで、黒い暗幕をして一切検閲者から見つからないようにしたようだ。検閲者も見て見ぬふりをしてくれたようだ。
階上から見た様子_1
階上から見た様子_2
この階段の踊り場にステンドグラスが嵌めてある
中央階段の様子
近くで見ると、ぼかしなどが確認できる。触ってみると、ガラスの厚みも微妙に違っている。重文で触っても構わない扱いというのは殆ど無く、興奮してしまう。
近くで見た様子_1
近くで見た様子_2
近くで見た様子_3
階下から見上げる
階下から見上げる_1
階下から見上げる_2

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR