散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

新宿御苑にて(2) 2017.09/29 22:09記述修正

大温室内
自慢の大温室は先日の台風で、ガラスの一部が破損し、いつもと違う順路設定になっていた。確かに激しい風だったけど、自慢の新しい建物に、被害が出てしまったんだ。設計が甘いのかなあ。
大温室内の花など(1)
大温室内の花など(1)_1
大温室内の花など(1)_2
大温室内の花など(1)_3
大温室内の花など(1)_4
大温室内の花など(1)_5
大温室内の花など(1)_6
大温室内の花など(1)_7
大温室内の花など(1)_8
大温室内の花など(1)_9
大温室内の花など(1)_9
パパイヤ
ちょっと1個頂戴したいものだ。日光をたっぷり浴びているから、糖度はものすごいのだろうな。
パパイヤ_1
パパイヤ_2
姫河骨
ここで展示されるということは、かなり希少種になりつつあるのかな
姫河骨
サルオガセモドキ
何かの飾りをとり忘れたかのような感じだが、歴としたエアープランツの一種。専門的には着生植物というようだ。いわゆるぶら下がりの植物さんだ。ぶら下がるのは枯れ木で十分だとか。空気中から水分や養分を吸収するとか。寄生植物ではないんだ。
サルオガセモドキ
大温室内の花など(2)
大温室内の花など(2)_1
大温室内の花など(2)_2
大温室内の花など(2)_3
大温室内の花など(2)_4

ここで足止めがされている。仮の順路に進むしかない。

大温室内の花など(3)
オオオニバスが、子供を乗せても大丈夫というのは絵空事だと思っていたが、事実のようだ。オオオニバスとオニバスとを混同して認識していたので、以下の引用も修正した。
大温室内の花など(3)_1
オオオニバスは、ボリビアからアマゾン地方原産のスイレン科の多年生水生植物。スイレン科の中での最大型種。オニバスに似てより大型であるところからこの名があるが,オニバスとは別属の植物である。直径1~2mとなる大型円形の浮葉を生じ,葉縁は5㎝ぐらい上曲してたらい状となる。葉面は緑色で光沢があり,葉柄,葉裏脈上,花茎や萼片には多数のとげがある。花は直径30cm前後,芳香ある白色花。開花後,ピンクから紅色に色変りをして3日後に咲き終わる。
大温室内の花など(3)_2
大温室内の花など(3)_3
大温室内の花など(3)_4
大温室内の花など(3)_5
サボテンの一種かなあ。花はきれいだ。
大温室内の花など(3)_6
クロホウシ
私でも知っている。というか、私の好きな黒光りしている観葉植物さんだ。
クロホウシ
ゲンペイカズラ
日本人の好きな命名法だなあ。子供のころから紅白に分けて運動会などをやってきたからなあ。
ゲンペイカズラ
ムラサキオモト
何だか薄気味悪い感じだ
ムラサキオモト
カカオ
この実は私の大好物に変身するんだなあ。いまは、食べると叱られそうだが。この小さな花から結実するんだ。
カカオ_1
カカオ_2
カカオ_3
カカオ_4
大温室内の花など(4)
大温室内の花など(4)
長く垂れ下がった先に咲く花
フウリン・ブッソウゲではない。何の花だろうか?
長く垂れ下がった先に咲く花
三尺バナナ
いっぱいなるものだなあ
三尺バナナ
これは何
ヘリコニア・マニアエというらしい。下垂している苞は食べられるものなのかなあ。
ヘリコニア・マニアエ_1
ヘリコニア・マニアエ_2
睡蓮の花
睡蓮の花_1
睡蓮の花_2
睡蓮の花_3

大木戸門の門衛所
なかなかの風格だ。今後この建物はどうするのだろう?江戸東京たてもの園はいっぱいだし。
大木戸門の門衛所

 

新宿御苑にて(1)

野鳥さんを撮る練習をしたいと思った。決心が揺らがないよう長いレンズ1本だけを持参して、新宿御苑に出掛けた。残念ながら野鳥さんは、多少はちょろちょろしている兆候があったものの、撮れるところへのお出ましはなかった。仕方がないので、花さんを少しだけ撮った。
用事も済んで、カメラをバッグに格納したその瞬間に、ヤマガラが至近距離に現れ、瞬時ポーズをとってくれた。その間、十数秒。運がいいのか悪いのか、…。


ラクウショウの気根
いつ見ても見慣れる気がしない。不思議なものだ。ラクウショウは漢字では『落羽松』と書く。メタセコイアと非常に似た外観といわれる。新宿御苑では、よせばいいのに、ラクウショウとメタセコイアとが隣接して植えられている。どこが違うか自分の目で確かめさせようという意図があるのだろうか?
ラクウショウの気根_1
ラクウショウの気根_2
巨大なキノコ
何というキノコだろうか?未練を残さないために、知らないキノコは、食用不適のキノコと思うようにしている。
巨大なキノコ
季節の花
彼岸花と草木瓜だと思う。違うかなあ。
季節の花_1
季節の花_2
バッタ
何という名前だろう。まったく、調べる気が起きない。無精者だなあ。
バッタ
台湾閣
結構好きな建物だ。あの尖がった屋根が味があっていいと思う。
台湾閣_1
台湾閣_2
台湾閣_3
昭和天皇の御成婚を記念して、当時の台湾在住邦人の有志の方々から寄贈された建物で、建築家、森山松之助の設計により、昭和2年に竣工されました。
この建物は中国南方地方(福建省)の建築(ビンナン建築)と同じ様式で造られており、本格的中国風建築の日本における数少ない建物として、貴重なものと評価されています。

プラタナスの並木
雰囲気があるなあ。薔薇園を挟んでその両側にある。
プラタナスの並木_1
プラタナスの並木_2
僅かに咲いていた薔薇
あまりきれいとはいいがたいかな
僅かに咲いていた薔薇_1
僅かに咲いていた薔薇_2
僅かに咲いていた薔薇_3
僅かに咲いていた薔薇_4
僅かに咲いていた薔薇_5
僅かに咲いていた薔薇_6
僅かに咲いていた薔薇_7
カルガモだけはいた
証拠として撮った
カルガモだけはいた_1
カルガモだけはいた_2
カルガモだけはいた_3
アメリカデイゴかな?
ハッとするような鮮やかさだ。初めて見たときは、腰を抜かしそうになった。
アメリカデイゴかな?
新宿御苑旧洋館御休所
いつ見ても瀟洒な建物だと思う
新宿御苑旧洋館御休所

 

自然教育園に行った

13日にナンバンギセルが間に合うかもしれないとの期待をかけて、自然教育園に行った。園内は、草茫々の状態で、花さんを観察するのはちょっと厳しかった。というか、端境期なのか、あまり花さんを見ることができなかった。

ヤマホトトギスかな?
標識がどこにも見当たらず、かなり自信がない。ヤマジノホトトギスも似ているとか。帰ってから、自然教育園の資料を確認したら、ヤマホトトギスのようだ。
ヤマホトトギスかな?
藪茗荷
日に当たってキラキラ輝いていた。『撮って撮って』って懇願されているように感じた。
藪茗荷
カリガネソウ
うまくピントを合わせられなかったなあ
カリガネソウ
モミジガサ
随分葉っぱが虫さんに食べられてしまっているなあ。柔らかくておいしいのかもしれない。自然教育園では仕方がないことかなあ。
モミジガサ_1
モミジガサ_2
彼岸花
何とか、間に合った。やれやれ。
彼岸花_1
彼岸花_2
彼岸花_3
ヌスビトハギ
極小の花が咲いていた。マクロレンズじゃないので、ピントを合わせるのが大変。
ヌスビトハギ_1
ヌスビトハギ_2
ナンバンギセル
もしかして、これが咲いているのではないかと期待して行ったのだ。何とか間に合ってよかった。
ナンバンギセル_1
ナンバンギセル_2
別のところにもあるという情報があった。必死になって探したら、見つかった。こちらはススキに寄生するのではなく、茗荷に寄生していたようだ。いっぱいあった。
ナンバンギセル_3
ナンバンギセル_4
ナンバンギセル_5
ナンバンギセル_6
ミソハギ
季節の花だなあ
ミソハギ_1
ミソハギ_2
トンボさん
仲良くやっているなあ。そんなことないわ。…まあ、いろいろですね。
トンボさん_1
トンボさん_2
コミスジ(たてはちょう科)かな
イチモンジチョウ(たてはちょう科)かななどと思ったのだが、3つの筋があるので、コミスジだと判断した。
コミスジ(たてはちょう科)かな

この日の収穫はこれだけだった。鳥さんは、カラスでさえ見かけなかった。

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR